読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

したいろく

「したい」録、慕い録、肢体録、死体録、四対六

大河ドラマしたい

大河ドラマ憧れがある。

 

大学時代からの友人との飲み会で、このブログの存在や今後の展望を話した。親や将来の嫁にも伝えることのないであろうこのプロジェクトを、この世界で打ち明けられる唯一の存在が彼らだ。

 

彼と彼女はとにかく優しい。日々の鬱屈から生まれる私の偏屈な暴論も優しく受け止め、最大限の同意をくれる。その優しさにかまけて更に喋りすぎてしまう。自分の感覚を文字化する為にブログがあるとすると、音声化できる彼らとの飲み会は凄く尊い

その一方で、「あれが好き」「あういうの嫌い」を思いっきり話した後の気分は独特だ。圧倒的開放感が私を不安にさせる。普段ツイッターでもろくに呟けないヘタレの私が喋りすぎる事の危うさよ。ダムの決壊に近い放水。その紙一重の感覚はある種の悦楽であり、この悦楽を味わわせてくれる二人には感謝の念が堪えない。いつもごめんねありがとう。

 

今日のハイライトとして記録する。りななん、ふみかす、ゆるめるモ!、ようなぴ、バンもん!、ほぼほぼ。

 

 

そして今日の問題案件が大河ドラマプロジェクトである。

 

私は大河ドラマが大好きだ。現在は「おんな城主 直虎」が放映中で、もちろんどハマり中。柴咲コウ美人だよね。高橋一生不憫だよね。

 

このブログの最終目標を二人と探り合っていくうちに、私は自分の半生を大河ドラマにしたいと発していた。テーマ音楽は千住明だ、と。

 

狂気の沙汰とお思いだろうか。

 

もう一度あえて言おう。私の夢は「大河ドラマの題材」だ。

ここから先、途中下車は一切受け付けない。禁句は「なーにいってだこいつ」。さあレッツライド。

 

タイトル「馬と呼ばれた男(仮称)」。この壮大な大河ドラマの主人公である私役を演じるのが、今を時めく若手本格派ナンバーワン俳優、神木隆之介

自分を誰が演じるか考えることは非常に重要である。実生活において「あ、今の俺をNHKがドラマにするときは神木隆之介だったな」と思い出すことが人生のモチベーションとなる。あくまでも私に神木が寄せてくるのだ。私が神木に寄せるのではない。

渋谷の居酒屋で私の目の前に座り、私の趣味談議に付き合ってくれる唯一の友人が菅田将暉小松菜奈。こりゃ視聴率がとんでもないぞ。

神木・菅田・小松が渋谷で出会うことから物語が始まる。何かが生まれる予感するじゃん!何を成し遂げるのかはまだ未定。このドラマの脚本の為に実生活でも頑張ろうって気になってきた。

 

外堀の方は大型突貫工事で着々と埋まっていく。テーマ音楽千住明。馬が疾走し、昇り竜のような書体で縦書きのキャスト名が並ぶOP映像。「馬と呼ばれた男」紀行用どーもくん(馬の被り物)。神木がスタパ(=スタジオパークからこんにちは)に出演した際の秘蔵映像や高畑淳子との絡み。菅田の早期退場による「○○(←役名)ロス」なる社会現象まで想定済みだ。

 

30代以降は年齢に応じて主演俳優の交代も考えている。つまり神木を子役扱いする贅沢采配。

30代・・・森山未來

 

↑ここまでは既定路線。

 

(40代突入後、突如両腕がハサミになってしまった主演ジョニー・デップ編という悪ふざけについてはここできっちり葬っておく)

 

あぁ、楽しい!こんなに楽しい妄想が他にあるだろうか。外堀の豪華さよ。真田丸レベルの出城を作ってしまった。

自分のWikipediaページの構成を考える、といったお手軽妄想も得意だが、目の前の二人のおかげでこれまでにない壮大な妄想を作り上げることができた。

 

そして驚くなかれ。私はこの夜、前日からの二日酔いの影響で酒を一滴も飲んでいない。シラフで語っちゃったぜ。

 

この横暴を許す素晴らしき友には感謝せねば。それでこそ大河ドラマには不可欠な存在。

 

彼らのためにも、そして日々続く生活の微々たる向上心維持のためにも、大河ドラマプロジェクト、鋭意進行中です。